初心者ドライバー試乗記

免許取り立ての若者が、初心者ならではの視点で試乗レポートしています。

【新型プリウスPHV試乗レポート】乗れば未来がみえてくる!走り選ぶPHV ♪

f:id:hamosan3:20170719025855j:plain

こんにちは。

初心者ドライバー試乗記のhamoです。

 

今回はトヨタ・新型プリウスPHVの試乗レポートです。

プリウスといえばトヨタを代表するハイブリッドカー。日本を代表する車の一つといっても過言ではなく、現代版カローラとも言えるほど街で見かける車です。そんなプリウスのPHVには充電できるという特異点があります。

 

PHVとはハイブリッドと電気自動車のいいとこ取りした乗り物です。電気自動車は電気がなくなった時点で二進も三進も動かなくなりますが、PHVはエンジンを積んでるので従来通りのハイブリッド車として乗り続けることができます。ゆえにハイブリッドの次の車!ともいわれているわけですね。

 

www.beginner-testdrive.com

 

テレビコマーシャルで石原さとみさんが「試してPHV(^^)v」と言ってたので、早速試しに乗ってみることにしました!

 

f:id:hamosan3:20170719025855j:plain

 

デザインは結構好きです。ハイブリッドverのプリウスより手をかけてるなぁというのが率直な感想。ダサさもないですし、オラつき感も少なめ。従来のエコでクリーンで先進的なプリウスのデザインを受け継いでるように感じました。

 

f:id:hamosan3:20170719025844j:plain

 

インテリアです。全体的に質感は高く安っぽい感じはしません。何と言っても11.6インチの大型ナビゲーション。ネット等で見た印象と比べれば小ぶりで威圧感はありませんでした。しかし他のインテリアと連続性がないため、どことなくタブレッドを自分で設置したかのような錯覚すら覚えたのも事実。もう少し一体的に仕上げられると良かったのではないか?と感じました。

 

そしてトヨタ車においていつも不満に感じる「ブラインドタッチのしづらさ」は相変わらず健在。運転しながらのエアコンの温度・風量調整がほぼ不可能。ステアリング周りのボタン類はブラインドタッチできるようになったのに、ナビ画面がタッチパネル式で操作し辛いのは地味に不便です。私自身、会社でクラウンに乗る機会があるのですがタッチパネル式のエアコンには毎度泣かされます。ナビはともかく、エアコン関係は安全の為にもブラインドタッチできるようにしてほしい。それが私の願いです。

 

f:id:hamosan3:20170719025918j:plain

 

試乗へと進みます。ドライビングポジションは良好です。特にTNGAになってからチルト&テレスコピックの調整幅が大きくなったのでどんな体型でも理想的なドライビングポジションが取りやすくなりました。シートはファブリックで、やや沈み込ませてホールドさせるような設計。このあたりが長距離でどう影響してくるかは未知数です。ペダルレイアウトは良好ですが、ペダル類に剛性がないのでボディーがしっかりしてるのに剛性の弱い車に乗ってるような錯覚を覚えます。もっとアームを太くするなりするといいのではないかと思いました。

 

ちなみにタイヤはBSのトランザ。欧州車に純正装着されるタイヤでレグノとポテンザの間とも言われる比較的走りに振ったタイヤです。PHVですと電気だけで走行できる距離が物を言うカテゴリーなのにも関わらず、敢えてエコタイヤではないタイヤを選択するとは意外でした。それだけ走りにこだわっているのでしょうか?

 

f:id:hamosan3:20170719025907j:plain

 

肝心の走りは一言で言って「最高です!

 

低速で走っていても何か楽しい。ブンブン回さなくてもなんか楽しい。その心地良さはハンドリングから来ているようで、決して機敏ではないのですが自分が思った通りにハンドルが切れ込んで曲がってくれます。ハンドリングの良さが走りの楽しさに直結してるといって過言ではありません。従来のハイブリッド版プリウスにおいてもTNGAプラットフォームの走りの良さは理解しているつもりでしたが、PHVは大容量バッテリーを積んでいる関係でより前後バランスがいいのではないか?とも感じました。静粛性も良好で、EVモードでも力強く巡航速度まで加速します。そして制動も自然で、足回りの動きも良好。それでTNGAゆえ安全性も高い。もちろんトヨタセーフティセンスPも付いています。

 

プリウスPHVに欠点がない訳ではありません。未だに足踏み式パーキングブレーキ(当然オートホールドなし)という点と、シフトレバーがセンターコンソールにないので左手を休ませたいときに落ち着かないというのが地味にストレスです。一度電気パーキングの車に乗ってしまうと、足踏み式は乗ってられないほどストレスを感じるのでここはMCなりで改善してほしいと思いました。

 

 

私はプリウスPHVに乗って、これが未来の車だ!と思いましたし、未来の車もきっと楽しい!って希望が持てました。言葉にするのが難しいですが、乗れば未来がみえてきます。プリウスPHVに乗れる時代に生まれて良かったと感じましたね。

 

ハイブリッドモデルと比べて割高感の否めないプリウスPHVですが、プリウスPHVは燃費で選ぶ車ではないのかもしれません。走りで選んだ結果がPHVになる。そんな時代がすぐそこにやってきているのです。プリウスの大本命ともいえるPHV。私はスポーツカーを含めたトヨタ車の中でもっとも走りが楽しい車なのではないかと感じました。

 

乗ればわかります。試してPHV(^o^)v

 

 

toyota.jp

 

www.beginner-testdrive.com

 

www.beginner-testdrive.com