初心者ドライバー試乗記

免許取り立ての若者が、初心者ならではの視点で試乗レポートしています。

スバル・WRX STI【試乗】指名買いされる車だ!

 

こんにちは。

初心者ドライバー試乗記のhamoです。

 

今回はスバル・WRX STI(C型)に試乗しました。WRX STIは、スバルが誇るスポーツセダン。最先端のスポーツというよりは、昔からの技術を更新させ今に至るタイプの車です。水平対向2リッターターボエンジンにAWDが組み合わさるスバルのオリジナリティが溢れる車であるWRX STI。一体どのような車なのでしょうか?

 

www.webcg.net

f:id:hamosan3:20170529121208j:plain

○エクステリア

先代インプレッサをベースとしているので、同じ先代インプレッサベースのレヴォーグと同じ雰囲気を感じます。

 

f:id:hamosan3:20170529121229j:plain

○インテリア

こちらも先代インプレッサベースなので似ています。現行インプレッサよりも、ブラインド操作がしやすいのでこちらの方がドライバーにとっては扱いやすいのではないか?と感じました。

 

○ドライビングポジション

問題なしです。もう少しステアリングのチルト&テレスコピックステアリングの調整幅があると尚いいです。特に前後方向がもう少し動かしたい印象でした。

 

試乗の感想です。

 

f:id:hamosan3:20170529121148j:plain

 

○パワートレイン&シフトフィール

私がMTを乗りこなせていないというのもありますが、ターボのブーストが効き始めると一気にトルクが出てくるので初速発進では扱いにくい印象。回さなくとも十分に走るのですが、音が気持ち良いのでついつい回したくなります。シフトのストロークは短めですが、クラッチのミートポイントが狭いので思いの外簡単にエンストします。

 

○ハンドリング

今時としては珍しい油圧式パワーステアリング。油圧式なので低速時は重たい印象がありますが、変にスカスカする感覚がないので安心感があります。路面との接地感は欧州車のそれを越えます。

 

○乗り味

思ったよりはしなやかでした。試乗したのがSパッケージというビルシュタインの脚を装着していたからかもしれません。大きなギャップではややドタバタする印象がありますが、速度を上げていくと路面をしっかり掴み走るといった感覚でした。誰かを乗せても「乗ってられない」というレベルまでは至らないのではないでしょうか。

 

○安全性

スポーツカーでもサイドエアバッグは装備。スバル全体いえることですが視界がいいので扱いやすいです。試乗車にはリアウィングが装着されていましたが後方視界が気になるということはありませんでした。なお、アイサイトは装備されません。

 

○デメリット

"この車が検討の対象になっている方なら"ダメと思える場所はありません。しかし扱いを含めドライバーを選ぶクルマだと感じました。WRX STIのもつ性能をフルに出すためには、卓越した運転技術と走れる環境が必要でしょう。公道で使い切ろうものなら御用待ったなしです。

 

○最後に

見た目以上に重厚感があり、CVTモデルであるWRX S4よりも全体的に良質なクルマだと感じました。2Lターボ、MT、AWDの組み合わせにも関わらず、セダンとしての室内空間・荷室空間をしっかり確保しているのがWRX STI。スポーツセダンの正統派として販売され続けてほしいと思います。一方でエンジン特性とクラッチを扱うには慣れと経験が必要。この車は比較検討の末に買う車ではなく、指名買いする車だと思うのでデメリットは気にならないはずとも。普通の用途でスポーティーに楽しく長距離走るならレヴォーグSTIスポーツという選択肢もありますからね。

 

www.beginner-testdrive.com

 

www.subaru.jp

 

初心者ドライバー試乗記 hamo