初心者ドライバー試乗記

免許取り立ての若者が、初心者ならではの視点で試乗レポートしています。

フォルクスワーゲン up! 2017マイナーチェンジモデル【試乗レポート】 完成度が高すぎる究極のコンパクトカー

f:id:hamosan3:20170528021056j:plain

こんにちは。

初心者ドライバー試乗記のhamoです。

 

今回は前から気になっていたフォルクスワーゲン・up!の試乗レポートです。up!といえばAセグメントに位置する車。かつてのルポの後継モデルにも当たります。そんなup!が2017年にフェイスリフトを受け改良されました。「小さいけどちゃんとフォルクスワーゲン」とPRされるup!の実力が気になり試乗させてもらいました。

 

www.beginner-testdrive.com

f:id:hamosan3:20170528021056j:plain

f:id:hamosan3:20170528020721j:plain

○エクステリア

MC前と比べフロントマスクがワイドになりました。今回の試乗車はハニーイエローメタリック。カタログで見るより若干暗めの金色です。かつてザ・ビートルに設定されていたサターンイエローとは全く異なる色味です。ボディーが小さいのでもっとポップな色のほうが映える気がするのですがトレンドなのでしょうか? リアデザインは今までよりキリッとした顔立ちになりました。特にテールライトの造形が進化しましたね。

 

f:id:hamosan3:20170528020847j:plain

○インテリア

えっ?これが100万円台の車ですか?と疑いたくなるほどの仕上がり。小さい車を得意とするフォルクスワーゲンの力を垣間見た気がします。エアコンもオートになり、カーナビは装備されないもののスマホをホルダーに装着することによって色々連携できるのだそう。斬新でいいですね。

 

f:id:hamosan3:20170528020756j:plain

○ドライビングポジション

up!の長所の一つがペダルレイアウト。左足フットレストはありませんが、ペダルがちゃんと右寄りに収まっています。ゴルフとは違い右足フットレストがないので、アクセルペダルを雑に踏み込んでも引っかかりません。足元空間の広さにより、適切なドラポジを作り維持することが可能。こんなに小さい車でよくぞ実現したなと感心しています。

f:id:hamosan3:20170528020813j:plain

○パワートレイン

直列3気筒1L自然吸気エンジンに5速ASGが組み合わさっています。ポロやゴルフに装着されるDSG(デュアルクラッチ)とは異なり、ASGはシングルクラッチとなります。この変速機の影響でパワーは十分なのにも関わらず、変速で相当な違和感を覚えることになります。基本的に自動制御MTなので、信号待ちからの発進では気持ち後ろに下がりますし、1速から2速に上がるとき、思わず「あっ‥あっ‥」と声が出てしまうほど長い息継ぎがあります。マニュアルモードで運転しても15km/hほどでは2速に上がってくれないので、前に若干つんのめるような息継ぎは回避できません。2速以降は問題ないのですが、この点こそup!の最大のデメリットともいえそう。ATしか乗ったことない人にとっては相当なインパクトだと思います。

 

f:id:hamosan3:20170528020739j:plain

○ハンドリング

最高!の一言です。ボディーサイズも相まってフォルクスワーゲンでハンドリングが最も優れているでは?と言いたくなるほど、ステアリングの応答や操舵感が高い完成度で仕上がっています。正直、このボディーサイズでここまでのハンドリングを求める必要はないのではないか?と思いますが、ドイツ本国では顧客の要求が厳しいのでしょう。ここまで鍛えたハンドリングならワインディングでのドライブも楽しめそうです。

f:id:hamosan3:20170528020922j:plain

○乗り味

脚がよく動くので快適です。ボディーやステアリングから伝わる「しっかりとした物体に乗っている」というフォルクスワーゲンに共通する感覚は健在。遮音性も高く、高速道路でロングドライブできるAセグメントとでも言えそうです。

 

f:id:hamosan3:20170528020905j:plain

 

○安全性

サイドエアバッグやESCはもちろん、シティーエマージェンシーブレーキ(30km/h以下の追突軽減ブレーキ)も装備されています。ドアの厚みや剛性感からして、衝突安全性もこのセグメントではかなり高い部類に入るものと推定されます。視界の良さもこの車の特徴で、交差点での右左折時や高速道路の合流時に、しっかり斜め後方を視認できます。後方からの車両を検知してサイドミラーに警告灯を表示する機能が普及している昨今ですが、実際に目視してこそ安全は守られます。目視確認し易いということは事故を防ぐためにも重要なことなのです。

また、ブレーキもかなり優秀なので高速域からの急制動でも難なくこなす印象を受けました。

 

○up!のデメリット

唯一かつ最大の問題はASGでしょう。ASG意外不満点は見つかりません。

 

f:id:hamosan3:20170528020830j:plain

○最後に

フォルクスワーゲンが本気で造ったup!。アウトバーンでも難なく走れる究極のAセグメントなのではないでしょうか。良好なペダル配置に、良好な視界。Aセグ離れしたハンドリング。2018年にup!GTIが出るとか出ないとか噂されていますが、このup!にこそMTモデルが欲しいもの。ドイツ本国にはあるはずなので、あとはインポーター次第でしょうか。最もシンプルなmove up(2ドア)にMTがあったら…。ベースがいいだけにもっと売れてもいいと思いました。

 

www.volkswagen.co.jp

初心者ドライバー試乗記 hamo