初心者ドライバー試乗記

免許取り立ての若者が、初心者ならではの視点で試乗レポートしています。

【アウディ A4アバント試乗インプレッション】 パサートヴァリアントとどちらがオススメ?

f:id:hamosan3:20170519030314j:plain

こんにちは。

初心者ドライバー試乗記のhamoです。

 

今回は、アウディA4バントに試乗した感想と、同じセグメントで共通点も多いパサートヴァリアントと比較した感想を紹介したいと思います。

 

hamo-testdrive.hatenablog.com

 

 

 

アウディのディーラーには何度か行ったことがある私。ただ、なかなか目当ての試乗車がなかったりと運転したことも乗ったこともありませんでした。今回はパサートヴァリアントとの違いを探るために試乗させてもらいました。

 

f:id:hamosan3:20170519030240j:plain

 

試乗車は、2.0 TFSI スポーツというモデルになります。

アウディといえばクアトロ(四輪駆動)でなければアウディじゃない!」という方もいるようですが、最近ではFFがよく売れるとのこと。街乗りにおいて四駆はいらないという需要が多いのでしょう。2Lエンジンはもちろんターボ。一体どんな乗り味なのでしょう?

 

f:id:hamosan3:20170519030150j:plain

 

ドアを開けて乗り込みます。ドアの取っ手は上下方向に動きます。一般的に手前に動くので誰が触っても「普通の車とは違う!」と思うのは間違い無し。特別感を大切にする方にはピッタリな装備ですね。

 

f:id:hamosan3:20170519030223j:plain

 

インテリアはどことなくBMW風なレイアウト。アウディのA1やA3とは、明確に差別化された内装はA4以上のセグメントに相応といえるでしょう。大きな車にありがちな落ち着きすぎて若者には似合わないということもなさそうです。

 

f:id:hamosan3:20170519030100j:plain

 

試乗車に乗り込みギアをDレンジに入れるのですが、これまた少し変わっています。アウディの先進的なイメージにはピッタリだとは思いますが、どうしても一つのギアに一つのポジションが割り当てられているような従来型のフロアシフトの方が扱いやすいような気もします。

 

f:id:hamosan3:20170519030038j:plain

 

ペダルレイアウトは良好です。右側にタイヤの張り出しや、フォルクスワーゲンにありがちなフットレスト等の装備がないため斜めにアクセルペダルを踏んでも引っかからない。これは非常に助かります。左足フットレストはもう少し広くてもいいかな?といったところです。

 

f:id:hamosan3:20170519030116j:plain

 

スピードメーターは液晶式になっています。パサートにもテクノロジーパッケージを選ぶと付く装備ではありますが、視認性や煩わしさの少なさといった点でアウディのメーターのほうが一歩進んでいるという印象を持ちました。

 

さて、車を走らせます。A4アバントはパサートヴァリアント同様ボディーサイズを感じさせない取り回しの良さを兼ね備えています。。しかしパサートヴァリアントと比べて左前(Aピラー付近)の見切りが悪く、交差点で左折する際は気持ち感に頼って曲がる部分がありました。ステアリングフィールはドッシリしており、やや直進安定性に振ったイメージ。交差点で曲がる際もA4アバントは「ハンドルを回して曲がる」、パサートは「ハンドルの舵で曲がる」といった違いが出ます。言葉にするのが難しいですが、重たいステアリングフィールが好きな方はアウディのほうが好みだと思いますし、舵に任せて曲がるのが好きな方はパサートのほうが好みだと思います。一方で、速度を上げれば上げるだけ、フロントタイヤが食いついて離さないような感覚はアウディならではだと思います。

 

そして乗り心地ですが意外にもパサートの方が上質だと感じました。アウディはワーゲンよりも優れていると思っていたのですが、同じフォルクスワーゲングループでも目指す走りの方向性が全く違うようです。A4アバントの乗り心地が悪いわけではないのですが、走っている時の上質感はパサートの方が上手。A4アバントの場合ハンドルや空間を通して伝わってくる質感が軽い金属の中に重い物体があるような印象で、パサートは重い金属に軽い物体があるといった違いを感じます。以前、ポルシェ・カイエンの助手席に乗ったことがあるのですが、その時の印象に近いです。

 

エンジンパワーも2Lターボを積むA4アバントがスペック上は有利なのですが、アクセルペダルを踏み込んで加速するときなどに車の重さを感じました。パサートヴァリアントは1.4Lターボなのですが、VWのエンジンのほうが高回転での伸びがいいような。もちろん0-100などすればA4の勝ちなんでしょうけど、体感的なスムーズさや加速感はパサートの勝ちなのではないか?と感じました。

アイドリングストップからの復帰は運転席から遠いところでセルが回っているという感覚で、遮音材の配置の良さが際立ちます。

 

f:id:hamosan3:20170519030133j:plain

 

ラゲッジスペースはパサート比でやや狭くなっています。これはA4アバントがスタイリングを重視してDピラーが寝ているためです。また、パサートヴァリアントに標準装備されているラゲッジパーテーション等の装備がないことからも、A4アバントは実用車ではなくスタイリングを重視した車ということが伺えます。

 

試乗を終えて、A4アバントは「スポーティーな内装・誰が見てもカッコイイと思えるデザイン」を兼ね添えていると感じました。しかし走りにおいてはパサートがかなり健闘していて、FFにおいてはパサートの方がお値段も安く、快適装備も充実しているためパサートの方がいいクルマといえるのではないか?と感じました。パサートでは当たり前に付いてくる装備が、A4では数十万のオプションだったりします。

 

私はA4アバントの試乗を通して、フォルクスワーゲンパサートヴァリアントの出来の良さ、パッケージングの良さを再確認することができました。A4アバントを検討されている方は、ぜひパサートヴァリアントにも試乗してみてください。

 

 

 

www.audi.jp

www.volkswagen.co.jp

 

 

※決してアウディが嫌いな訳ではありませんので誤解なきようお願いします。