読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者ドライバー試乗記

免許取り立ての若者が、初心者ならではの視点で試乗レポートしています。

【スバル-レヴォーグSTI試乗】 乗って元気になれる上質なレヴォーグ!これぞ決定版!

f:id:hamosan3:20170515105434j:plain

 

こんにちは。初心者ドライバー試乗記のhamoです。

今回はレヴォーグSTIの試乗インプレッションです。

 

私自身、ステーションワゴンタイプの車を探しているのですが、SUVブーム真っ只中ということもあり、走りも良いワゴンとなると国産車ではスバル・レヴォーグかマツダ・アテンザワゴン程度しか選択肢がありません。そんな希少な国産ステーションワゴンの中でも走りが随一のレヴォーグしかもSTI、一体どんな走りなのか気になりディーラーに向かいました。

 

jp.autoblog.com

 

レヴォーグには今まで二度試乗しています。1回目は2.0GT-S。こちらはステアリングの重さと低速域での突き上げが気になりました。2回目に試乗した1.6GTはステアリングの操舵感に途切れるような領域があることに加え、突き上げ感はないものの揺れ残りが気になりました。さて、今回のSTIはスポーツチューニングとだけあり、硬い乗り心地なのか? それとも自動車評論家たちのレポートの通りの上質な乗り味なのでしょうか?早速、試乗車に乗り込みました。

 

f:id:hamosan3:20170515105517j:plain

 

今回試乗したのは2.0STIスポーツです。 

 

乗り込むとSTI専用の内装が目を惹きます。メーター類も標準の青から赤に変更されており、走る気にさせてくれます。レヴォーグのキャラクターには赤が似合う気がします。 ハンドルのステッチも赤で統一されていて質感に不満は感じません。

 

f:id:hamosan3:20170515105548j:plain

 

一番気になっていたSTI専用のボルドー色のシートですが、カタログ等で見るよりも明度が低いので然程気になりません。一方でオプションでもいいので黒のシートが選べたら、よりスポーティーな雰囲気にできたのにと悔やまれます。

 

f:id:hamosan3:20170515105449j:plain

 

エンジンをかけ走りだしたのですが、ディーラーから公道に出るまででこの車の良さが実感できました。ステアリングの重さが絶妙で、操舵感に途切れる部分がありません。ステアリングを通してタイヤの方向が認識でき、それでいて重すぎることも軽すぎることもない。 STIスポーツに施された"ステアリングギアボックスの取り付け剛性向上"が効いていると実感できました。

 

アクセルレスポンスはややピーキーで、触れるとすぐ加速が始まるといったところ。2Lターボなのでパワーも十分。アクセルを半分開いただけでも十分過ぎる加速をします。高速道路でもパワーは使い切れなさそうです。ブレーキは自然で、踏めばガツッと効いてくるタイプ。カックンブレーキにならないのでありがたいです。肝心な乗り心地ですが、これまた素晴らしい。GT-Sよりも硬い柔らかいと聞かれれば柔らかいかもしれません。GT-Sのような突き上げ感がなく、コシがありつつ踏ん張りがあるようなしっとりとした足回り。GTグレードのような揺れ残り感もない絶妙な足回り。言葉にすると難しいですが、乗ればわかると思います。

 

f:id:hamosan3:20170515112638j:plain

 

エクステリアデザインも末広がりのバンパーもあって、上部のエアインテークが自然に存在するデザイン。これはいいですね。

 

f:id:hamosan3:20170515105619j:plain

 

ラゲッジスペースも必要十分にあり、後席のリクライニングも可能。長距離もアクティブにどこへでも行くような車好きにとっては理想の一台ではないでしょうか? 乗っていて元気になれるクルマ。それがレヴォーグSTIスポーツだと思います。スバルも通常のレヴォーグとレヴォーグSTIはカタログを分けるほどのこだわりですので、ぜひとも非常におすすめしたい一台です。

 

www.subaru.jp