初心者ドライバー試乗記

免許取り立ての若者が、初心者ならではの視点で試乗レポートしています。

【最速試乗】フォルクスワーゲン・ 新型ティグアン (2017) 試乗レポート

f:id:hamosan3:20170119003412j:plain

 

こんにちは。

初心者ドライバー試乗記のhamoです。

 

今回は、2017年1月17日に発表されましたフォルクスワーゲンの新型ティグアンの試乗レポートとなります。

 

今回モデルチェンジされたティグアンはゴルフベースのSUVです。VWの次世代プラットフォーム「MQB」をSUVに初めて採用したモデルとなり、モデルチェンジ前より若干大きくなっています。寸法的にはトヨタハリアーより少し全長が短いくらいです。

 

f:id:hamosan3:20170119003357j:plain

 

今回試乗したティグアンはTSI R-Lineモデルになります。ティグアンの中でも一番高いグレードですので車両本体で約463万円となっています。エンジンは1.4Lのターボエンジンでミッションは6速DSGとなっています。ゴルフ7では7速DSGになっていますが大差はないでしょう。フロントグリルはパサートに通ずるグリルです。ゴルフのようなニコっとした顔ではなく、キリッとした顔立ちになっています。パサートと通ずる点は他にもあります。

 

f:id:hamosan3:20170119003511j:plain

 

例えば、このサイドのプレスライン。スパッと切れ込んでいて非常に美しいです。

 

f:id:hamosan3:20160619194101j:plain

 

こちらが以前試乗したパサートのプレスライン。

非常に似ています。

 

f:id:hamosan3:20170119003528j:plain

 

運転席に乗り込みますと最近のフォルクスワーゲンらしいインテリアで安心します。インパネはゴルフトゥーランに通ずるもので、質実剛健にまとめられています。

 

f:id:hamosan3:20170119003329j:plain

 

ボディーサイズからすれば十分な室内空間。

大きな荷物なんかも乗りそうでいいですね。

 

車内にいると、どこか異国の香りが漂ってきます。それもそのはず。このティグアン、お店の担当者ですらまだ公道で乗ったことがないとのこと。VWは独特な新車の香りがするんです。香りは文では伝わりませんので、ぜひフォルクスワーゲン正規ディーラーにお尋ねください(笑)

 

そして今回の目玉!?は…

 

f:id:hamosan3:20170119003243j:plain

 

なんとデジタルメーターを採用してきました!!

以前からGTEシリーズに採用されていたものと共通しています。

 

見た目だけでいえば非常に先進的でいいのですが、このメーターは視認性が悪く煩わしいです。乗っていただければわかると思いますが、常に視界に入る部分が動くと注意散漫になるといいましょうか、とにかく落ち着かないのです。私は車のマルチモニターで常にデジタルメーターを表示させているので、普通の人よりは慣れていると自負していますがナビ画面が動くストレスやスピードメーター部分にあるコンパスがクルクル回るのは耐えられないものがあります。一定光量ある街中ではマシですが、深夜の山道や高速道路ではストレスになること間違い無しです。もちろんナビ表示部分を消すことはできますが、コンパスはどうにもならないですからね。オプションでもいいのでアナログメーターを選べるようにして欲しかったところ。

 

f:id:hamosan3:20160619194104j:plain

VWのメーター視認性は自慢できる良さだったんですけどね・・

惜しいです…。

 

f:id:hamosan3:20170119003343j:plain

 

早速、試乗にいきましょう。

車幅が186cm (R-Lineの場合、他は184cm) あるにも関わらず車両感覚が掴みやすくスムーズに公道に出ることができました。オーソドックスな箱型形状ということもあって見切りも良好です。

そして驚いたのが静粛性の高さ。この車は1.4Lターボエンジンでハイブリッドではありません。それに255/45/R19というホイールを履いてるにも関わらず静か。ダッシュボード周りや、足元から音が入ってこないのは遮音材の配置が適切なのでしょう。素晴らしいです!

 

ペダルは少し窮屈といいますか、私の体型ですとペダルが高い気がしました。このあたりは個人差やポジションによるものですので、ぜひ試乗してお試しください。

 

SUVの最近のトレンドなのかもしれませんがコシのある乗り味で安定感があります。パサートの乗り味に重厚感を与えたといいますか、そんな感じの乗り心地です。ですから、レクサスRXのような大きな船でクルージングしているときのような乗り心地を求めてる方は向いていないといえます。

 

そして試乗中、とあるピンチに遭遇しました!

 

hamo-testdrive.hatenablog.com

hamo-testdrive.hatenablog.com

 

 

f:id:hamosan3:20170119003428j:plain

 

突然落下物が現れたんです!!

 

突然でしたので、右後方を確認してサッとハンドルを切りました。SUVですし、車高も高いので大丈夫かな〜?と思ったのですが杞憂に終わりました。ちゃんと切ったらサッと車の向きが変わりました。 (当たり前かもしれませんが、意外とステアリングを切っても反応しない車が多いのです。) もっとロールするのかな〜と思いましたが、さすがはドイツ車ですね。車を信じて思いっきり回避運動できる。そんな事態には遭遇したくないですけど、いざというときには役に立つはずです。

ちなみに新型ティグアンにはACC(全車速対応クルーズコントロール)や、渋滞時のステアリングアシストなど細心の安全装備が着いていますから家族旅行などでも役立つかと思います。

 

f:id:hamosan3:20170119003457j:plain

 

あっという間に試乗が終わりディーラーに帰投。

展示車のハイラインをみてLEDテールランプの造形の細かさに見入ってしまいました。

 

総合してかなり出来のいいSUVだと思います。アクティブにレジャーを楽しむ家族連れにはオススメだと思います。運転を任された人も最小限の疲労で目的地に到達できますからね。疲れにくいということは安全運転にも繋がります。

 

ぜひお近くのフォルクスワーゲン正規ディーラーで試乗してみてください。

そのときにはぜひカタログ見てみてくださいね!キラッキラしてますよ(^^)///

 

www.volkswagen.co.jp

www.volkswagen.co.jp

 

初心者ドライバー試乗記 hamo