初心者ドライバー試乗記

免許取り立ての若者が、初心者ならではの視点で試乗レポートしています。

スバル・レヴォーグ1.6GT-S試乗レポート 硬い!重い!!

 

こんにちは。

初心者ドライバー試乗記のhamoです。

 

久々の更新となります^^;

今回はスバル・レヴォーグに試乗してきました。

スバルの売れ筋の乗り心地はいかに?

今回は写真が1枚のみになりますorz

 

f:id:hamosan3:20160606133826j:plain

 

 

<エクステリア>

スバルらしいデザイン。独特の渋さもあります。レヴォーグはフロントよりサイドから見た時のデザインが美しいと思います。ワゴンなのに腰高感がないエクステリアは好みです。ホワイトパールが売れ筋とのことですがピュアレッドも綺麗ですね。スバルといえばブルーのイメージですが、レッドかなり似合ってると思います。

 

<インテリア>

お世辞にも質感がいいとは言えません。ピアノブラックを使ったりと努力は感じるのですが、どことなく安っぽく見えてしまいます。プラスチックむき出しという訳ではないのですが、なぜでしょうね?ルームミラーを触ったり、ウィンドウスイッチを操作すると安っぽさが悪目立ちしてしまいます。

 

<エンジン>

水平対向エンジンにターボが組み合わさったものが搭載されています。1.6Lターボと2Lターボが用意されています。今回の1.6Lでも加速は十分でした。2Lだと鬼のような加速をするのでしょうね。何と言っても300馬力あります(汗)

変速はリニアトロニック=CVT(無段変速)なので走る歓びは若干・・・です。しかしマニュアルモードにしてパドルシフトを使うと変速感を楽しめますが、あくまで無段変速です。

 

<ステアリングフィール&乗り心地>

今回試乗したGT-Sグレードにはビルシュタインダンパーが装着されていることもあって、硬い!!です。まるでカーボン製ロードバイクに乗ってるかのような足回り。ただ硬くて跳ねるという訳ではなく、ガツン!と入力したあとに振動や揺れがほとんどないので良く言えば引き締まった脚という評価です。ステアリングはかなり重め。これまで色々なクルマに試乗しましたが一番重かったです(汗)。これだけしっかりしていると真っ直ぐ進むということがラクになります。ただ車庫入れや右左折時に重いな〜と思ってしまいますね。個人的にもう少し軽めの方が好きです。

 

<安全性>

スバルのクルマは視界がいい!と前にインプレッサスポーツに試乗したときに感じていましたがレヴォーグでも変わりません。路地裏から幹線に出る時などに歩行者や車両が0.5秒ほど早く認知できている感覚があります。そしてアイサイトver3で予防安全も充実、そして国産最高レベルの強度を誇るボディーでの受動安全性も問題なしです。AWDなので高速走行も安心のような気がします。

 

<まとめ>

このクルマに燃費云々は求めません。しかしよく売れている理由がわかるような気がします。安全性に関しては文句のつけようがない水準で時代の先をいっています。問題と思うのは内装の質感でしょうか。内装なんて単なる飾りと割り切れば問題ないと思いますが、どうしても気になってしまいますよね。窓を開けても閉めても対して変わらない遮音性もやや難アリです。現在納期が3ヶ月ほどかかってるとのこと。レヴォーグの躍進すごいです(汗)

 

 

〜今回試乗したクルマ〜

スバル・レヴォーグGT-S

外装 ☆☆

内装 ☆

エンジン ☆☆☆

乗り心地 ☆☆☆

安全装備 ☆☆☆☆☆

価格 ☆☆☆

www.subaru.jp

初心者ドライバー試乗記 hamo