初心者ドライバー試乗記

免許取り立ての若者が、初心者ならではの視点で試乗レポートしています。

クラウンアスリートターボ試乗レポート!ついにクラウンもダウンサイジング!

 

f:id:hamosan3:20160509155138j:plain

 

こんにちは。

初心者ドライバー試乗記のhamoです。

 

さて、今回はクラウンアスリートターボに試乗してきました。今までクラウンといえばV6などの大排気量&多気筒エンジンという印象がありますが、ここ最近の売れ筋は2.5Lの直4ハイブリッドだそうで。時代も変わりましたね。クラウンはマイルドハイブリッドに始まり、3.5L V6+モーターというパワーのためのハイブリッド(しかもちょびっとエコ)なんていう化物もありましたが…。話が長くなるのでこの辺にしておきます。

f:id:hamosan3:20160509155141j:plain

まずエクステリアですが相変わらず攻めたデザインです。この現行Rebornクラウンになってから、一度マイナーチェンジが行われ以前よりヘッドライトが細くなりより睨みの効いた顔つきになっています。リアのクッ!と尻が引き締まった感じもいいですね。

 

f:id:hamosan3:20160509155139j:plain

そしてインテリアですが、クラウンらしくソフトパッドが多用されています。現行モデルになってからセンターパネルのナビが大画面化され、エアコンの操作もタッチパネル式になりました。これによりボタンが減りスッキリとした印象となっているのですが、走行中にエアコンの設定を変えたいときなどに目線を落とさないといけないのでいかがなものかなと感じます。またナビの大画面化によってミニバン的な雰囲気が漂ってるのも今ひとつなポイントです。

 

f:id:hamosan3:20160509155144j:plain

さて、本題の試乗になりますが、運転席に乗り込みエンジンをかけて静かに発進する動作に不自然な点はありません。また、Aピラーの形状も死角に配慮された設計になっているので右左折時にしっかり確認して回ることができます。乗り心地は思ったよりも固くない印象でしたが、振動の収束速度が遅い印象を受けました。そしてエンジンフィールですが、同じエンジンを使っていてもレクサス系とは全く味付けが異なります。レクサス系は「ターボを感じさせない上品なフィーリング」に振っているのに対して、クラウンアスリートは「ターボならではのトルク感を味わえるフィーリング」となっています。一般的なターボ車の特性を反映してるといえるのはクラウンのフィーリングだと感じます。あとは好みで選ぶといいでしょう。

クラウンは現在アスリート、ロイヤルサルーン、マジェスタと3モデル発売されているのですが、私はいずれのクルマにも乗ったことがあります。運転はしたことはないですが一番いいのはもちろんマジェスタ。そして次が意外と思われるかもしれませんが、ロイヤルなんです。ロイヤルといえば足がフニャフニャでロールしやすく酔いやすいといった悪い印象だったのですが、現行モデルではそういったことはなく、路面を丁寧にいなしてくれるのでロイヤルのほうが高級感ある乗り味に仕上がっていると感じました。高速走行時にも良いのかまでは知りませんが、一般的な都市部の街路においてはアスリートよりロイヤルサルーンのほうが乗る側にとっていいクルマです。

 

試乗を終えて感じたことですが、クラウンは万人受けする乗り味になっているという印象を受けました。誰が運転しても、誰が乗っても大きな不満を感じることはありません。しかしながら今回のS-Tグレードは450万という本体価格になってるのに関わらず、BSM(ブラインドスポットモニター)などの安全装備が最高級のGグレードでしか付けることが出来ないという点は残念です。Gグレードにすると533万。高いというより価格にあった価値があるのかが問題ですが、この点は個人の物差しによると私は思います。そもそもクラウンは法人のオーナーが経費で購入されるケースも多いと思うのでこれでいいのかもしれませんが、クルマ好きの人が積極的に選ぶかと聞かれると微妙な気もします。クラウンが何代続くのか。私はクラウンというブランドが気に入ってるだけに今後の進展に注目していたいと思います。

 

 

 

〜今回試乗したクルマ〜

クラウンアスリートS-T

外装 ☆☆☆
内装 ☆☆☆
エンジン ☆☆☆
乗り心地 ☆☆☆

安全装備 ☆☆☆

価格 ☆☆☆

toyota.jp

 

初心者ドライバー試乗記 hamo