初心者ドライバー試乗記

免許取り立ての若者が、初心者ならではの視点で試乗レポートしています。

スバル・WRX STI【試乗】指名買いされる車だ!

 

こんにちは。

初心者ドライバー試乗記のhamoです。

 

今回はスバル・WRX STI(C型)に試乗しました。WRX STIは、スバルが誇るスポーツセダン。最先端のスポーツというよりは、昔からの技術を更新させ今に至るタイプの車です。水平対向2リッターターボエンジンにAWDが組み合わさるスバルのオリジナリティが溢れる車であるWRX STI。一体どのような車なのでしょうか?

 

www.webcg.net

f:id:hamosan3:20170529121208j:plain

○エクステリア

先代インプレッサをベースとしているので、同じ先代インプレッサベースのレヴォーグと同じ雰囲気を感じます。

 

f:id:hamosan3:20170529121229j:plain

○インテリア

こちらも先代インプレッサベースなので似ています。現行インプレッサよりも、ブラインド操作がしやすいのでこちらの方がドライバーにとっては扱いやすいのではないか?と感じました。

 

○ドライビングポジション

問題なしです。もう少しステアリングのチルト&テレスコピックステアリングの調整幅があると尚いいです。特に前後方向がもう少し動かしたい印象でした。

 

試乗の感想です。

 

f:id:hamosan3:20170529121148j:plain

 

○パワートレイン&シフトフィール

私がMTを乗りこなせていないというのもありますが、ターボのブーストが効き始めると一気にトルクが出てくるので初速発進では扱いにくい印象。回さなくとも十分に走るのですが、音が気持ち良いのでついつい回したくなります。シフトのストロークは短めですが、クラッチのミートポイントが狭いので思いの外簡単にエンストします。

 

○ハンドリング

今時としては珍しい油圧式パワーステアリング。油圧式なので低速時は重たい印象がありますが、変にスカスカする感覚がないので安心感があります。路面との接地感は欧州車のそれを越えます。

 

○乗り味

思ったよりはしなやかでした。試乗したのがSパッケージというビルシュタインの脚を装着していたからかもしれません。大きなギャップではややドタバタする印象がありますが、速度を上げていくと路面をしっかり掴み走るといった感覚でした。誰かを乗せても「乗ってられない」というレベルまでは至らないのではないでしょうか。

 

○安全性

スポーツカーでもサイドエアバッグは装備。スバル全体いえることですが視界がいいので扱いやすいです。試乗車にはリアウィングが装着されていましたが後方視界が気になるということはありませんでした。なお、アイサイトは装備されません。

 

○デメリット

"この車が検討の対象になっている方なら"ダメと思える場所はありません。しかし扱いを含めドライバーを選ぶクルマだと感じました。WRX STIのもつ性能をフルに出すためには、卓越した運転技術と走れる環境が必要でしょう。公道で使い切ろうものなら御用待ったなしです。

 

○最後に

見た目以上に重厚感があり、CVTモデルであるWRX S4よりも全体的に良質なクルマだと感じました。2Lターボ、MT、AWDの組み合わせにも関わらず、セダンとしての室内空間・荷室空間をしっかり確保しているのがWRX STI。スポーツセダンの正統派として販売され続けてほしいと思います。一方でエンジン特性とクラッチを扱うには慣れと経験が必要。この車は比較検討の末に買う車ではなく、指名買いする車だと思うのでデメリットは気にならないはずとも。普通の用途でスポーティーに楽しく長距離走るならレヴォーグSTIスポーツという選択肢もありますからね。

 

www.beginner-testdrive.com

 

www.subaru.jp

 

初心者ドライバー試乗記 hamo

フォルクスワーゲン up! 2017マイナーチェンジモデル【試乗レポート】 完成度が高すぎる究極のコンパクトカー

f:id:hamosan3:20170528021056j:plain

こんにちは。

初心者ドライバー試乗記のhamoです。

 

今回は前から気になっていたフォルクスワーゲン・up!の試乗レポートです。up!といえばAセグメントに位置する車。かつてのルポの後継モデルにも当たります。そんなup!が2017年にフェイスリフトを受け改良されました。「小さいけどちゃんとフォルクスワーゲン」とPRされるup!の実力が気になり試乗させてもらいました。

 

www.beginner-testdrive.com

f:id:hamosan3:20170528021056j:plain

f:id:hamosan3:20170528020721j:plain

○エクステリア

MC前と比べフロントマスクがワイドになりました。今回の試乗車はハニーイエローメタリック。カタログで見るより若干暗めの金色です。かつてザ・ビートルに設定されていたサターンイエローとは全く異なる色味です。ボディーが小さいのでもっとポップな色のほうが映える気がするのですがトレンドなのでしょうか? リアデザインは今までよりキリッとした顔立ちになりました。特にテールライトの造形が進化しましたね。

 

f:id:hamosan3:20170528020847j:plain

○インテリア

えっ?これが100万円台の車ですか?と疑いたくなるほどの仕上がり。小さい車を得意とするフォルクスワーゲンの力を垣間見た気がします。エアコンもオートになり、カーナビは装備されないもののスマホをホルダーに装着することによって色々連携できるのだそう。斬新でいいですね。

 

f:id:hamosan3:20170528020756j:plain

○ドライビングポジション

up!の長所の一つがペダルレイアウト。左足フットレストはありませんが、ペダルがちゃんと右寄りに収まっています。ゴルフとは違い右足フットレストがないので、アクセルペダルを雑に踏み込んでも引っかかりません。足元空間の広さにより、適切なドラポジを作り維持することが可能。こんなに小さい車でよくぞ実現したなと感心しています。

f:id:hamosan3:20170528020813j:plain

○パワートレイン

直列3気筒1L自然吸気エンジンに5速ASGが組み合わさっています。ポロやゴルフに装着されるDSG(デュアルクラッチ)とは異なり、ASGはシングルクラッチとなります。この変速機の影響でパワーは十分なのにも関わらず、変速で相当な違和感を覚えることになります。基本的に自動制御MTなので、信号待ちからの発進では気持ち後ろに下がりますし、1速から2速に上がるとき、思わず「あっ‥あっ‥」と声が出てしまうほど長い息継ぎがあります。マニュアルモードで運転しても15km/hほどでは2速に上がってくれないので、前に若干つんのめるような息継ぎは回避できません。2速以降は問題ないのですが、この点こそup!の最大のデメリットともいえそう。ATしか乗ったことない人にとっては相当なインパクトだと思います。

 

f:id:hamosan3:20170528020739j:plain

○ハンドリング

最高!の一言です。ボディーサイズも相まってフォルクスワーゲンでハンドリングが最も優れているでは?と言いたくなるほど、ステアリングの応答や操舵感が高い完成度で仕上がっています。正直、このボディーサイズでここまでのハンドリングを求める必要はないのではないか?と思いますが、ドイツ本国では顧客の要求が厳しいのでしょう。ここまで鍛えたハンドリングならワインディングでのドライブも楽しめそうです。

f:id:hamosan3:20170528020922j:plain

○乗り味

脚がよく動くので快適です。ボディーやステアリングから伝わる「しっかりとした物体に乗っている」というフォルクスワーゲンに共通する感覚は健在。遮音性も高く、高速道路でロングドライブできるAセグメントとでも言えそうです。

 

f:id:hamosan3:20170528020905j:plain

 

○安全性

サイドエアバッグやESCはもちろん、シティーエマージェンシーブレーキ(30km/h以下の追突軽減ブレーキ)も装備されています。ドアの厚みや剛性感からして、衝突安全性もこのセグメントではかなり高い部類に入るものと推定されます。視界の良さもこの車の特徴で、交差点での右左折時や高速道路の合流時に、しっかり斜め後方を視認できます。後方からの車両を検知してサイドミラーに警告灯を表示する機能が普及している昨今ですが、実際に目視してこそ安全は守られます。目視確認し易いということは事故を防ぐためにも重要なことなのです。

また、ブレーキもかなり優秀なので高速域からの急制動でも難なくこなす印象を受けました。

 

○up!のデメリット

唯一かつ最大の問題はASGでしょう。ASG意外不満点は見つかりません。

 

f:id:hamosan3:20170528020830j:plain

○最後に

フォルクスワーゲンが本気で造ったup!。アウトバーンでも難なく走れる究極のAセグメントなのではないでしょうか。良好なペダル配置に、良好な視界。Aセグ離れしたハンドリング。2018年にup!GTIが出るとか出ないとか噂されていますが、このup!にこそMTモデルが欲しいもの。ドイツ本国にはあるはずなので、あとはインポーター次第でしょうか。最もシンプルなmove up(2ドア)にMTがあったら…。ベースがいいだけにもっと売れてもいいと思いました。

 

www.volkswagen.co.jp

初心者ドライバー試乗記 hamo

 

ルノー・トゥインゴ ゼンMT 【試乗】フレンチベーシックの香り漂う名車だ!

f:id:hamosan3:20170528010825j:plain

 

こんにちは。

初心者ドライバー試乗記のhamoです。

 

さて、今回は少し前から気になっていたルノー・トゥインゴ ゼンの試乗レポートです。ルノーといえばフランス車。トゥインゴはルノーにおいて最も小さいAセグメントのクルマです。最大の特徴はRR。RRとはリアエンジン・リアドライブの略で、現在新車購入できる車ではポルシェ991等に限られる非常にレアな構造です。そんな特殊なコンパクトカーに途中からMT設定が追加されました。トゥインゴはインテンスという売れ筋のグレードとゼンと呼ばれる快適装備が簡素化されたモデルに分かれ、MTが追加されたのは後者のゼンとなります。欧州ホットハッチでMTモデルが追加されることはよくあることなのですが、装備が簡素化されたモデルにMTモデルが追加されるということ自体極めて稀ということもあり、試乗に向かうことにしました。

 

f:id:hamosan3:20170528010825j:plain

f:id:hamosan3:20170528010828j:plain

○エクステリア

目尻がキリッとした車が多い昨今、少し気の抜けたフロントマスクは新鮮な印象すら与えます。バックガラスが黒色となっていて非常にオシャレ。ホイールはまさかの鉄チン。ホイールカバーが付いてるはずなのですが、なぜか付いていない。でも、いいじゃないですか。性能には影響しませんもの。

f:id:hamosan3:20170528010835j:plain

○インテリア ※写真はATモデル

簡素化されたグレードも相まって華美な装備は一切ありません。ナビはなし、エアコンもマニュアルです。しかしステアリングはちゃんとレザー。簡素化させつつ、ドライバーにとって重要な箇所は妥協していない。このメリハリって大事だと思います。何から何まで豪華にする必要など全くないのです。

 

f:id:hamosan3:20170528010838j:plain

○ドライビングポジション&ペダルレイアウト

トゥインゴ最大の欠点と言っておきましょう。右ハンドルゆえ、フロントタイヤが足元に張り出しペダルが左にオフセットしています。その影響でフットレストもなし。長距離ではキツそうです。何よりブレーキペダルが脚の中心よりかなり左側にあるので踏み間違える危険性があります。慣れてしまえば問題ないのかもしれませんが、急制動時や後退時にやらかす可能性が高いです。事実、ドラポジを合わせるためにNレンジの状態でブレーキペダルを踏んだときエンジンがブーンと回ったのには驚きました。自分では意識してかなり左側を踏んだつもりでいたのですが、そこはまだアクセルペダルの中央。少し焦りました。

 

試乗に続きます。

 

f:id:hamosan3:20170528010836j:plain

○パワートレイン&シフトフィール

エンジンは直列3気筒1リッター自然吸気エンジン。ATモデルだと0.9Lターボも選べますが、MTは自然吸気のみとなります。普通に街乗りする分にはパワー不足感はなく、ハイパワー車と比べ回転数を上げてブンブン走れるので気持ちいと感じました。シフトフィールも良好で自分のリズムで街を駆け抜けることができます。周囲に威圧感を与えず、鼻歌交じりに車を楽しむというのがトゥインゴの走り方かもしれません。輸入車MTの共通の問題としてハンドル左側にウィンカー&シフトレバーがあるので右左折するときは左手が忙しなく動かす必要がありますのでご留意を。

 

ちなみにトゥインゴにはタコメーターがありませんので基本は感覚でシフトアップすることになります。スマホを装着することによってスマホ画面にタコメーターを表示させることもできるそうです。面白い。

 

f:id:hamosan3:20170528010830j:plain

○ハンドリング

一言で「素直」です。私はFFのどっしりとしたハンドリングが好みで、FRのような前輪に荷重がかかっていない感じが苦手で、特に雨の日の高速道路はFRで走りたくないと思っています。今回のトゥインゴも前輪が駆動輪ではないので些か不安に感じていたのですが全くの杞憂。試乗した日は雨で路面状況も決して良くはなかったのですが、普通に走っていくのです。水溜りに突っ込んでも普通に乗れる。RRである以上、もっとひらひらするのかと思いきや意外でした。

 

f:id:hamosan3:20170528015241j:plain

○乗り味

普通に乗り心地は良好です。見た目想像していた足回りのバタバタ感やピョンピョン感は皆無。意外なほどしっかり走ります。普通に街乗りしている分には全長の短さを感じさせない仕上がりになっていて気に入りました。

 

f:id:hamosan3:20170528010848j:plain

※トランク下にエンジンが搭載されています。

○安全性

ペダルレイアウトを除けば、簡素化されたグレードにも関わらずサイドエアバッグやESC、簡易的なクルーズコントロールなど必要十分な装備が付いています。自動ブレーキ等はありませんが、最低限の安全装備としては十分ではないでしょうか。

 

○デメリット

先述したペダルレイアウトの狭さに加え、60km/h前後での遮音性が気になりました。エンジン音は気にならない分、路面からのロードノイズが気になります。この点が改善されるとより良い車になるのではないか? と感じました。

 

f:id:hamosan3:20170528010843j:plain

○最後に

トゥインゴはホットハッチではなく、純粋な欧州本国仕様コンパクトカーです。快適装備が充実する一方で走りを疎かにする車が多い中、シンプルにクルマとしての本質を提案しています。装備が簡素化された車にありがちな「安物感」もなく「私には私なりの生き方があるのさ!」と語りかけてくるような雰囲気はトゥインゴならでは。素のゼンというグレードだからこそ際立つのかもしれません。お値段も手頃なので、国産車をお考えの方も一度乗ってみては如何でしょうか? こうして試乗レポートを書きながら、早くも再び乗りたくなっています(^^)

 

www.renault.jp

 

 

 

初心者ドライバー試乗記 hamo