読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者ドライバー試乗記

免許取り立ての若者が、初心者ならではの視点で試乗レポートしています。

ルノー・トゥインゴ ゼンMT 【試乗】フレンチベーシックの香り漂う名車だ!

f:id:hamosan3:20170528010825j:plain

 

こんにちは。

初心者ドライバー試乗記のhamoです。

 

さて、今回は少し前から気になっていたルノー・トゥインゴ ゼンの試乗レポートです。ルノーといえばフランス車。トゥインゴはルノーにおいて最も小さいAセグメントのクルマです。最大の特徴はRR。RRとはリアエンジン・リアドライブの略で、現在新車購入できる車ではポルシェ991等に限られる非常にレアな構造です。そんな特殊なコンパクトカーに途中からMT設定が追加されました。トゥインゴはインテンスという売れ筋のグレードとゼンと呼ばれる快適装備が簡素化されたモデルに分かれ、MTが追加されたのは後者のゼンとなります。欧州ホットハッチでMTモデルが追加されることはよくあることなのですが、装備が簡素化されたモデルにMTモデルが追加されるということ自体極めて稀ということもあり、試乗に向かうことにしました。

 

f:id:hamosan3:20170528010825j:plain

f:id:hamosan3:20170528010828j:plain

○エクステリア

目尻がキリッとした車が多い昨今、少し気の抜けたフロントマスクは新鮮な印象すら与えます。バックガラスが黒色となっていて非常にオシャレ。ホイールはまさかの鉄チン。ホイールカバーが付いてるはずなのですが、なぜか付いていない。でも、いいじゃないですか。性能には影響しませんもの。

f:id:hamosan3:20170528010835j:plain

○インテリア ※写真はATモデル

簡素化されたグレードも相まって華美な装備は一切ありません。ナビはなし、エアコンもマニュアルです。しかしステアリングはちゃんとレザー。簡素化させつつ、ドライバーにとって重要な箇所は妥協していない。このメリハリって大事だと思います。何から何まで豪華にする必要など全くないのです。

 

f:id:hamosan3:20170528010838j:plain

○ドライビングポジション&ペダルレイアウト

トゥインゴ最大の欠点と言っておきましょう。右ハンドルゆえ、フロントタイヤが足元に張り出しペダルが左にオフセットしています。その影響でフットレストもなし。長距離ではキツそうです。何よりブレーキペダルが脚の中心よりかなり左側にあるので踏み間違える危険性があります。慣れてしまえば問題ないのかもしれませんが、急制動時や後退時にやらかす可能性が高いです。事実、ドラポジを合わせるためにNレンジの状態でブレーキペダルを踏んだときエンジンがブーンと回ったのには驚きました。自分では意識してかなり左側を踏んだつもりでいたのですが、そこはまだアクセルペダルの中央。少し焦りました。

 

試乗に続きます。

 

f:id:hamosan3:20170528010836j:plain

○パワートレイン&シフトフィール

エンジンは直列3気筒1リッター自然吸気エンジン。ATモデルだと0.9Lターボも選べますが、MTは自然吸気のみとなります。普通に街乗りする分にはパワー不足感はなく、ハイパワー車と比べ回転数を上げてブンブン走れるので気持ちいと感じました。シフトフィールも良好で自分のリズムで街を駆け抜けることができます。周囲に威圧感を与えず、鼻歌交じりに車を楽しむというのがトゥインゴの走り方かもしれません。輸入車MTの共通の問題としてハンドル左側にウィンカー&シフトレバーがあるので右左折するときは左手が忙しなく動かす必要がありますのでご留意を。

 

ちなみにトゥインゴにはタコメーターがありませんので基本は感覚でシフトアップすることになります。スマホを装着することによってスマホ画面にタコメーターを表示させることもできるそうです。面白い。

 

f:id:hamosan3:20170528010830j:plain

○ハンドリング

一言で「素直」です。私はFFのどっしりとしたハンドリングが好みで、FRのような前輪に荷重がかかっていない感じが苦手で、特に雨の日の高速道路はFRで走りたくないと思っています。今回のトゥインゴも前輪が駆動輪ではないので些か不安に感じていたのですが全くの杞憂。試乗した日は雨で路面状況も決して良くはなかったのですが、普通に走っていくのです。水溜りに突っ込んでも普通に乗れる。RRである以上、もっとひらひらするのかと思いきや意外でした。

 

f:id:hamosan3:20170528015241j:plain

○乗り味

普通に乗り心地は良好です。見た目想像していた足回りのバタバタ感やピョンピョン感は皆無。意外なほどしっかり走ります。普通に街乗りしている分には全長の短さを感じさせない仕上がりになっていて気に入りました。

 

f:id:hamosan3:20170528010848j:plain

※トランク下にエンジンが搭載されています。

○安全性

ペダルレイアウトを除けば、簡素化されたグレードにも関わらずサイドエアバッグやESC、簡易的なクルーズコントロールなど必要十分な装備が付いています。自動ブレーキ等はありませんが、最低限の安全装備としては十分ではないでしょうか。

 

○デメリット

先述したペダルレイアウトの狭さに加え、60km/h前後での遮音性が気になりました。エンジン音は気にならない分、路面からのロードノイズが気になります。この点が改善されるとより良い車になるのではないか? と感じました。

 

f:id:hamosan3:20170528010843j:plain

○最後に

トゥインゴはホットハッチではなく、純粋な欧州本国仕様コンパクトカーです。快適装備が充実する一方で走りを疎かにする車が多い中、シンプルにクルマとしての本質を提案しています。装備が簡素化された車にありがちな「安物感」もなく「私には私なりの生き方があるのさ!」と語りかけてくるような雰囲気はトゥインゴならでは。素のゼンというグレードだからこそ際立つのかもしれません。お値段も手頃なので、国産車をお考えの方も一度乗ってみては如何でしょうか? こうして試乗レポートを書きながら、早くも再び乗りたくなっています(^^)

 

www.renault.jp

 

 

 

初心者ドライバー試乗記 hamo

 

 

【マツダ・アテンザワゴンXD (6MT) 試乗レポート】自然に走るとは素晴らしいことだ!

f:id:hamosan3:20170527193052j:plain

 

こんにちは。

初心者ドライバー試乗記のhamoです。

 

今回はマツダ・アテンザワゴンXD(6MT)の試乗レポートです。マツダ・アテンザといえばマツダのフラッグシップモデル。そんなアテンザはセダンとワゴンで構成されており、パワートレインはガソリンとクリーンディーゼル、ミッションはトルコンATとMT、そして駆動方式が2WDと4WDから選ぶことができます。

 

私はアテンザに乗るならディーゼルのMTで乗りたいと思っています。しかし試乗車が全く乗れずにいました。今回、運良く試乗車を見つけたので早速試乗してみることにしました。

 

f:id:hamosan3:20170527193054j:plain

○エクステリア

ボディーサイズも相まって、マツダのコンセプトである躍動感あるフォルムが際立っています。ボディーが大きいからか?ホイールのデザインによるものなのか?19インチを履いていてもそこまで大きいタイヤを履いている印象はありません。

 

f:id:hamosan3:20170527193057j:plain

○インテリア

 

デミオアクセラと共通する、国産車離れした質感の高いインテリアに仕上げられています。試乗車には白いレザーシートが装備されていました。ナパレザーを使っているとのことですが、なめしの影響なのか?革の質の問題なのか?どことなくツルツルしておりビニールレザーのような印象を持ちました。非常に滑りやすいのでワインディング等でのしっくり感にも影響が出そう。インテリアの質感が高いのですから、改良されるといいなと思いました。ステアリングの革は好印象です。

 

f:id:hamosan3:20170527193100j:plain

○ドライビングポジション ※ピンぼけしてすみません。

 マツダ車の良さと言えばペダルレイアウトとドライビングポジションの良さ。

世間的にあまり注目されない項目ですが、マツダはキチンとこだわり持って車作りをしています。運転席に座ると体の真正面にステアリングの軸が来て、その軸上にブレーキペダルが存在。右ハンドル車ではフロントタイヤが足元の空間を狭め、ペダルが左にオフセットしがちです。オフセットすると体の軸とペダルの位置がズレることにより、脚が疲れやすくなったりペダルの踏み間違いのリスクが上がりますから、ペダル位置が適切というのは安全において非常に大きなメリットになります。それでいてオルガン式アクセルペダルですからほぼ満点に近いのではないでしょうか。特にアテンザのアクセルペダルは踵がしっくり来ます。

 

続いて試乗インプレッションです。

 

f:id:hamosan3:20170527193058j:plain

 

○パワートレイン&シフトフィール

2.2Lディーゼルターボエンジンは低速トルクも十分あり力強い走りをみせてくれます。ディーゼルエンジンというとガラガラ音が気になる方もいるかもしれませんが心配は皆無です。何も言われなければディーゼルエンジンと気づかないかもしれません。シフトフィールは適度なストロークで久々にミッション車に乗る人でも扱いやすいです。クラッチも適度な重さで扱いやすかったです。

 

○ハンドリング・Gベクタリングコントロール

ハンドリングも極めてスムーズ。ステアリングを切り込んだときに引っかかったり、舵が途切れてスコスコするような部分がなく切った分だけ曲がる自然なセッティングです。直進安定性も非常に高く、前走車に引っ張られて走っているような意思を感じました。

 

マツダのハンドリングといえば「G-ベクタリングコントロール」という技術があります。Gベクタリングとはハンドル操作に応じて駆動トルクを自動制御しスムースなコーナリングを実現するシステムの名称です。ネット上には「効果がよくわからない」等の意見がありますが、私はわかりました。車を運転する人ならわかるかと思いますが、どんな高い車で丁寧な運転をしてもハンドルを切った瞬間に「クッ」と体が横方向に微妙にズレる感覚があると思います。あの動きが感じられなくなるのがGベクタリングコントロールです。特にアテンザのような大きな車や、車高の高いCX-5のような車になればなるほど効果を感じやすくなるかと思います。運転している人がより楽しく、同乗者がより快適に走れるマツダ独自の技術。素晴らしいですね。

 

f:id:hamosan3:20170527193107j:plain

○乗り味

乗り心地は足がよく動く印象。硬すぎることも柔らかすぎることもなく自然な乗り心地です。19インチを履いているとはとても思えない乗り心地は流石です。マツダ車はガソリン車とディーゼル車でかなり乗り味が異なるので、購入される際は乗り比べてみるのもいいと思います。遮音性も高く一般的な巡航速度では静か過ぎるほどです。

 

f:id:hamosan3:20170527193146j:plain

マツダ・アテンザワゴンのデメリット

 

Aピラーが太く死角が広い印象を受けました。普通に運転している分には気になりにくい形状なのですが、交差点の右左折時に気になります。そしてヘッドアップディスプレイもしっくり来ない感じ。目線をずらさず速度や簡易ナビを見れるのはメリットかもしれませんが、板に投影するシステムのため目の焦点が合わせづらく結局見ませんでした。できることなら板ごと格納できるモードがあるといいなと思いました。

 

また、電気式パーキングブレーキが採用されているのにオートホールド機能が装備されていない点は残念だなと感じました。

 

f:id:hamosan3:20170527193114j:plain

 

○最後に

マツダ・アテンザワゴンの試乗を終えて「全てが自然で違和感のない車」という印象を持ちました。全ての操作、質感が自然で引っかかるところがない。ドライバーを第一にとことん設計するとここまで自然なクルマに仕上がるという一つの手本を示された気がしました。安全装備も抜け目なく「i-ACTIVESENSE」がMT車にも搭載。4WDを選べばフルタイム四駆ではないものの、数十箇所のセンサーで路面状態を読み取り滑る前に適切な駆動力を配分する「i-ACTIVE AWD」を装備できます。ドライバーを第一につくりあげていくマツダの独創性。とてもいいクルマでした。

 

初心者ドライバー試乗記 hamo

www.mazda.co.jp

www.beginner-testdrive.com

【最速試乗】VW ゴルフがマイナーチェンジ!2017年モデル変更点の詳細は?

 

こんにちは。

初心者ドライバー試乗記のhamoです。

 

 

前回の速報版に続き、VWゴルフを紹介します。

今回は前回紹介した箇所を省略したりしますので、読まれてない方はまず速報版をご確認ください。

 

www.beginner-testdrive.com

 

f:id:hamosan3:20170527000401j:plain

 

前回も紹介しましたが、今回のモデルチェンジでボディーカラーが大幅変更されました。以前まであったリフレックスシルバーメタリックが廃止され、ホワイトシルバーメタリックが導入されました。実際見てみると薄墨色とでも表現できる色味で、どことなくボルボV40に導入されているアマゾンブルーと同じ系統の雰囲気を感じます。

 

今回、試乗したのはHighline、テクノロジーパッケージ装着車です。

 

f:id:hamosan3:20170527001852j:plain

 

ハイラインのアルミホイールもデザイン変更されました。

ホイールが小さくみえるデザインのようで少し残念です。

 

f:id:hamosan3:20170527000417j:plain

 

テクノロジーパッケージ装着車なので液晶メーターです。

液晶メーターの場合ウィンカーの作動音が少し篭った音になります。

 

f:id:hamosan3:20170527000409j:plain

 

カーナビも大画面になり高精細になりました。ジェスチャーコントロールの精度に関してはノーコメントとしますが、従来不可能だったオーディオのみのオフも可能となりました。またルート案内時にオーディオのボリュームを絞る機能など、今まででありそうでなかった装備が追加されました。オールタッチパネル化されたのでブラインドタッチはややしづらくなった印象です。

 

f:id:hamosan3:20170527000451j:plain

 

カーナビ関連が高機能化したことに伴い、ドライバーの好みの設定をメモリーできる機能が追加されました。この機能によって普段は旦那さんが、たまに奥さんが乗る場合もストレスフリーなドライブが楽しめるはず。ハイラインのレザーシートパッケージを選べばシートメモリ機能も付くのでオススメです。

 

f:id:hamosan3:20170527000423j:plain

ドアノブ回りのインテリアパネルも従来のハニカム柄から、幾何学模様的なデザインに変更されました。このあたりは好みでしょう。

 

 

f:id:hamosan3:20170527003014j:plain

  

ゴルフⅦ前期型と並べてみました。

如何でしょうか?

 

LEDとキセノンの色味の差。

そしてお気づきかもしれませんが、ミリ波レーダーがエンブレム埋込み式になったことによりナンバープレートの位置が下がりました!!これにより大幅にデザインとしてのまとまりが向上した気がします。

 

f:id:hamosan3:20170527002044j:plain

 

ハイラインでテクノロジーパッケージを選択すると後ろが流れるウィンカーになります。もはや大衆車のCセグとは思えない装備ですよね。

 

 

 

○試乗した感想は?

 

基本的な乗り味は前期型から変化はありません。しっかしりたボディー。ダイレクトでかつスムーズなDSG、パワフルに気持ちよく回る1.4L TSIエンジン、しなやかに動く足回り。交差点の右左折でもスムーズに旋回し、走る・曲がる・止まるが高い次元で実現された車だと再確認しました。ゴルフ7で山道を走らせたことがあるのですが、スポーツカーを超えるかも?と思ってしまうほどステアリングの制御が際立っており、連続するワインディングでもパワステが遅れることなく適切に作動します。新東名のような高速道路においてもパワー不足は全く感じません。もちろん前期型に引き続き燃費は良く、街中では13km/L前後、郊外や高速道路を走れば19km/L前後になる低燃費性能。

車に必要とされるすべての項目を高い次元で両立している究極の実用車こそがゴルフだと思います。もし車をご検討されてる方がいましたら、ぜひゴルフの乗り味を知ってほしいと強く思いますね。

 

今回のマイナーチェンジによってDCCパッケージが廃止されたことが気になっていたのですが、ノーマルの脚のほうが迷いのない感じで好感でした(^^)

 

f:id:hamosan3:20170527000515j:plain

 

蛇足ですが、ゴルフGTIやゴルフR,ゴルフヴァリアント,ゴルフオールトラックもモデルチェンジされました。GTIのMTモデルは廃止されることなく販売続行!!VGJの販売戦略に感謝です。私は欲しい!!

 

さて、こんなところで今回のレポートは終了。

週末はディーラーでイベントも開催されるようなので是非訪れてみては如何でしょうか?

皆様の良いカーライフの参考になりましたら幸いです。

 

初心者ドライバー試乗記 hamo

 

www.volkswagen.co.jp

www.beginner-testdrive.com

www.beginner-testdrive.com

www.beginner-testdrive.com